夏至と父の日


 きょう21日は、夏至に加えて、夕方の日本列島では部分日食がみられました。夕方のその時間帯は、夏至の日を謳歌すべく近くの森林公園へ出掛けてきました。

 マスクを外しての森林浴の道すがら、ある樹木にはその名前が記されていました。なんと「コロナ」と思いきや「コナラ」の文字に苦笑い。

 コロナとは、もともと太陽の外層大気の最も外側にある希薄なガスの層。日食とは、太陽光が月にさえぎられた部分が、小さな月の影として地球上に黒っぽく映る様なのですが、正に太陽光コロナに月の黒マスク!

 本日は、また父の日でもあります。長女からは、プレゼントに孫の顔写真入りのマグカップを貰いました。当然のことながら、明日から日が少しずつ短くなっていきます。人生百年時代と言えども、人生の折り返し点は過ぎている我が身。もう少しだけ日永を楽しみたいものです....。

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック