​ブログ

皆既月食

本日、1月31日は、日本全国でたいへん条件のよい皆既月食が起こるはずでしたが、問題は天候!北陸地方は無理っぽい。国立天文台によれば、月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となり、皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となるいうことです。 StartFragment EndFragment 前回、日本で見ることのできた皆既月食は2015年4月4日に起こりましたが、このときは、皆既食の継続時間はわずか12分間と、今回よりもかなり短いものでした。次回、日本で見ることができる皆既月食は2018年7月28日ですが、月は皆既食のまま沈みます。次に日本全国で今回の様な、部分食の始めから終わりまでを見ることができるものは、2022年11月8日だそうです。そう意味では、今回の天体ショーは貴重だったのですが、天候が恨めしい! 皆既食中の月は、真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になります。天候に恵まれると予想される北海道、東北の一部と関東では観測可能らしい。運のいい地方では、普段見ることのない神秘的な色になる月を楽しむことができそうです。 [if lt IE 9]><![endif]StartFragment 月のすべての部分が地球によって、太陽から完全に隠されてしまうのが、皆既月食なわけです。地球が月を食う体裁、”ツキを食う”......。今回の日本列島は悪天候で運悪く、どうも”ツキがなかった”様です。お後がよろしいようで..........。EndFragment E

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)

先日の金曜日、在宅医療関係でアドバンス・ケア・プランニング(ACP)についての研修会がありました。ACPの定義は「将来の意思決定能力の低下に備えて、患者やそのご家族とケア全体の目標や具体的な治療・療養について話し合うことの過程(プランニング)」とされています。この話し合いには、“もしもの時”に、自分がどんな治療を受けたいか、または受けたくないか、そして自分の価値観などを、前もって大切な人達と話し合っておく、その一部始終が含まれています。 ここまで読んで、『なんだ、今のうちに遺言状を準備しておくように』という話かと思った方がいるかもしれません。確かに遺言状の作成もACPの一部ではあります。しかしながら、ACPと遺言状作成には大きく異なる点があります。それは、ACPは一人ではできない、ということです。つまり、話し合いには相手が必要ということなのです。当たり前のようですが、この話し合いが実は難しいのです。 患者が望めば、家族や友人とともに行われます。患者の同意のもと、話し合いの結果が記述され、定期的に見直され、ケアにかかわる人々の間で共有されることが望ましいとされています。ACPは患者が最も大切にしていることに基づいて意思決定ができるように、医学的ケアの全体としての目標が何かに焦点を当てる必要があります。また、患者が自ら意思決定ができなくなったときに備えて、患者に成り代わって意思決定を行う信用できる人(人々)を選定することにも焦点が当てられます。 StartFragment 女優の樹木希林さんが、以前新聞広告で「死ぬときぐらい好きにさせてよ」と〝終活宣言〟しました。洋画家の名作と重ね

大寒波と火山噴火

24日、過去最強クラスの寒波が到来。またまた大雪の予感。大雪はスキー場では、歓迎と思いきや、草津白根山が噴火!大雪については気象庁はある程度予想ができるが、今回の噴火をを受けての記者会見では、「噴火の前に火山活動の高まりを示すような観測データは見られなかった」として、事前に噴火警戒レベルを引き上げるなどの措置は困難だったとの見解を示した。 雪が降り積もるのもいやだが、噴石が飛来するのもたまったもんじゃない。スキー場で訓練中だった陸上自衛隊員の1人が噴石で死亡した。災難に際しては、いの一番に派遣される自衛隊員が被害にあったのは何とも皮肉的なことだ! 前回の豪雪時には、交通事情にて遅刻という大失態をおかしてしまった。同じ轍を踏まぬ様、今朝は4時起きで野外を見てみると積雪はわずか、起きてしまったので早朝出勤にて5時にクリニックに詰めることとなった。通勤途中は雪は少ないものの、横殴りの吹雪は凄まじい。今、朝日テレビでは”越路吹雪”物語が放映されている様だが、今日の歩行者は強風で”腰まで吹雪”って感じでしょうか? 明日は、寒さの底だそうだ。朝、目を覚まし野外を見るのが、怖い!4時起きでの早朝出勤とクリニック横の駐車場の除雪。午後からは、命がけの訪問診療。明日も身も心も寒い一日になりそうです...。 EndFragment

西郷どん

2018年のNHK大河ドラマは鈴木亮平が主演の『西郷どん(せごどん)』です。薩摩の貧しい下級藩士の家の長男として生まれた西郷隆盛。その人物像は謎に満ちており、後年、様々な虚実が伝説となり、語り継がれている。実際はどんな人物だったのだろうか? 維新の偉人人気ランキングでは、坂本龍馬、福沢諭吉に次いで堂々の第3位である。「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ」と言ってはばからない西郷だが、脳科学的診断では、愛を尽くす人。右脳2次元タイプで、相手に合わせすぎて主体性を失いがちになる。狭くて濃い人間関係をつくるらしい。51歳で人生を終えるわけだが、西南戦争をするつもりはなかったのに、人のいい西郷は暴発に乗らざるをえなくなったわけです。 3回の結婚、2回の島流など波乱万丈な人生を生きた男は、写真が大嫌いで、あの有名な肖像画は、顔の上半分は弟で下半分が従兄弟の大山巌の合成写真らしい。東京上野に立つ西郷像の序幕式に参列した3番目の妻である糸が、「(ウチの旦那は)こげんお人じゃなかったこてエ!」と言ったとか? 西郷隆盛の盟友、坂本竜馬は33歳の誕生日に京都の近江屋で暗殺され、また、西郷は西南戦争で敗れ、51歳で城山にて自刃した。動乱期になると埋もれていた人が役割を持って輝き、そして散っていった。平和ぼけした日本人の劣化は激しく、時代を変えるリーダーが、輩出する環境にないことは周知のことである。小生も還暦を前に、果たして何を成しえたのかと自問する日々であります......。 StartFragment EndFragment

芥川賞と終末期医療

昨日、芥川賞に石井氏と若竹氏、直木賞に門井氏の受賞が決まった。今回興味を引くのが、若竹千佐子さん、62歳のおばさんの受賞である。受賞作「おらおらでひとりいぐも」は、主人公が老いや孤独に直面しながらも自由に生きようとする様子が東北弁を交えたリズム感のある文章で描かれているらしい。 一方、医療従事者が、終末期の患者や施設利用者の治療・療養方針を患者や家族と事前に話し合う「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)を、約7割の医師が実施していないことが17日、厚生労働省の「人生の最終段階における医療に関する意識調査」の結果で明らかになった。同省では、新たなガイドラインを3月中にも取りまとめる方針だそうだ。 本格的な高齢社会を迎え、疾患構造の変化、医療資源の偏在など、対応すべき様々な課題が生じております。とくに、高齢者に関しては、多疾患の併発や認知症等だけでなく、終末期の問題も喫緊の課題であり、在宅医療に身を置く者としては、これらにどう対応するかが問われています。例えば、高血圧、褥瘡、嚥下性肺炎と多疾患を併発した認知症患者が増えるなど、現場には混乱も出じております。直近でも、施設患者2人がほぼ同時刻に急変し、その対応に追われました。 先の若竹さんは、受賞に際して「人生の終盤にこんな晴れがましいことが起こるなんて信じられない」とコメントしています。62歳は到底人生の終盤とは思えないわけですが、本日、トラックと自家用車の正面衝突の被害者側が当クリニックを受診されました。もちろん軽症のため当クリニック受診となったわけですが、雪によるスリップ事故と思いきや、どうも加害者はセンターラインをわった

広辞苑

本日は、大学入試センター試験2日目であります。朝刊には、所せましと1日目の問題と解答速報が掲載されています。国語の現代文に目を通してみると、我々の時代と変わらず、第1問目は漢字問題5題である。何とか完答できたが、あとはボロがでるので、やめることにした。「国語」は河合塾は「昨年並み」だが、ほかのすべての予備校は「やや易化」としている。 国語といえば、「国語+百科」辞典として、今や国民的辞典と呼ばれるまでに広く浸透しているのが『広辞苑』。第7版が12日、発売されました。以前、実家にも真っ新な分厚い広辞苑の辞書が本棚に置いてあった記憶があります。多分第4版あたりだろうか?今回は2008年の第6版の改訂から約10年ぶりの大改訂となり、収録語も新たに1万項目追加、140ページ増加となったが、製本機械の限界である8センチに収まるように用紙を開発し、厚さは第6版と変わらないらしい。 新たに追加された言葉は「いらっと」「安全神話」「がっつり」「婚活」「ブラック企業」「乗り乗り」「勝負服」「自撮り」「名ばかり」「ちゃらい」「デトックス」「立ち位置」「価格帯」「惚れ直す」など......。今回の「いらっと」した“はれのひ騒動”は、「安全神話」を崩壊させ、「がっつり」稼ごうとした「婚活」をだしにした「ブラック企業」のなせる業。「乗り乗り」で「勝負服」で成人式に出席予定の若者は、「自撮り」も叶わず、「名ばかり」の「ちゃらい」社長を「デトックス」したいところ。新成人を祝えなかった若者に対しては、自分の「立ち位置」を考えた自治体と有志の呉服屋さんが、「価格帯」を無視し、成人式のやり直しを検討。その行為に対

喜怒哀楽

最近の出来事をみてみると....(喜)将棋界で初の国民栄誉賞が羽生善治氏に授与される。(怒)”はれのひ”が事実上事業を停止した。(哀)星野仙一氏が他界した。(楽)日本人宇宙飛行士の金井宣茂さん身長の伸びは2センチだったと訂正した。  史上初めて「永世七冠」の称号を手にした羽生氏は、20代から30代、40代へと年齢を重ねる中で、「人生は有限である」と意識するようになり、「限られた時間の中で何をするのか、何をするべきなのか」を深く考えるようになったという。星野仙一氏の70歳の別れは早過ぎるが、やはり、人生は有限である!野球界にとっての喪失は口にできないほどのものだろうが、燃える男は、天に召され、文字道理 ”星” になったのだろうか? 無重力の宇宙では背骨の間の軟骨が伸びるらしい。しかし、ロシア人船長から9センチは伸びすぎではと指摘されて自分で再計測したところ、伸びは2センチだったと訂正しました。金井さんは「大変な話題になってしまったみたいで、とんだフェイクニュースで、大変失礼しました」と謝罪している。一方、1月8日の成人式の晴れの日、”はれのひ”で予約した晴れ着が届かず、着付け会場は混乱した。一生に一度の成人式を心待ちにしていた新成人の心についた傷跡は深い。こちらは、フェイクニュースではなさそうです。 羽生善治氏は、”ひふみん”こと引退した加藤一二三氏への敬意の念、藤井聡太四段への想いEndFragmentなど、先輩後輩を称えている。今回のカヌー選手の禁止薬物の混入事件も(怒)に匹敵するだろう。憧れの先輩に裏切られた後輩のショックは大きい。星野仙一氏が存命なら、どうコメントしただ

今年の運勢

昨日、マイコンピュータを開くと2018年のあなたの運勢と題したメッセージが表記されました。メッセージをクリックしますと星座別の運勢と判明しました。小生の星座である乙女座の画面を開くと、表記の通りでありました。 月別運気を見ると、1月がピークで、次は、4月=9月>5月=12月>6月だろうか?ワーストは11月で、後は2月=10月<3月=7月=8月になるのだろうか?...ということは、1月のピーク(今のところ実感はないが)から2月は急降下ということになる。その後は春先と秋口が運気がよさそうだ! 月別キーワードに目を向けると、1月幸運(宝くじでも買いましょうか?)、2月仲間(新しい仲間ができそうです)、3月お金(確定申告・決算月)、4月成長(本開業2年目)、5月転機(新規事業)、6月人縁(心当たりあり!)、7月努力(毎月しているつもりですが....)、8月忍耐(苦手です)、9月自分(誕生月、還暦秒読み)、10月試練(お手やわらかく...)、11月誘惑(楽しいお誘いお待ちしております)、12月家族(健康祈願!).....こんな感じでしょうか。 本日は正月7日です。朝食はあっさりと七草粥で済ませ、夕食は新年会と称して、ふぐ料理に出掛ける予定です。大阪より西ではフグのことを「フク」と、意識的ににごらず発音するらしい。1月は運気もよく、キーワードは幸運なので、“ふく(福)”を求めて、今晩は河豚を食したいものです。

水沢節

石川県内の神社は、雨やみぞれが降る悪天候にもかかわらず、正月三が日は初詣の参拝客でにぎわった様です。遅ればせながら、本日娘が巫女バイトを務める尾山神社に赴きました。 参拝の後、開運おみくじを引きました。生まれた月日別の易経によりますと、「水沢節」の卦らしい。この卦は沢に水がたまっているという意味で、水がたまれば自然と外へあふれだしますから、それは一定の限度があるという意味です。 「水沢節」の時は冷静にほど良い所に止まり、現状維持が望ましいのだそうだ。一節一節を大切にしてこそ太い立派な竹に成長するらしい。EndFragment 寝正月を決め込んだ本年でありましたが、お腹周りが少々気がかりです。おみくじの最後の一節に、「胃腸の心配もありますからご注意!」とありました。アラ還(歴)の我が身ですが、「水沢節」の教え通り、分不相応な望みを抱くことなく、明日からの仕事始めに体調を整えたいものです......。

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック