​ブログ

癌はどうして英語でCancer(カニ)なの?

そろそろ、インフルエンザの流行期となりました。先日、インフルエンザワクチン接種目的に、近所の近江町市場の某鮮魚店に赴きました。帰り際、思わず旬のカニを買い求めました。最近、海が荒れ気味で値段は少々割高でしたが、思わず奮発してしまい、ワクチン代と相殺された感があります。 癌のことを英語でCancerと言います。Cancerの意味は癌のほかに、大きなカニという意味があります。ドイツ語では癌のことをKrebsといいます。これもやはりカニという意味があります。どうして、まったく異なる 「癌とカニ」が同じ言葉で表されているのでしょうか?最初に癌をカニにたとえたのは、古代ギリシアの医師、ヒポクラテスだと言われています。この人は、「医学の祖」とよばれています。医師の 倫理を述べた彼の有名な誓文「ヒポクラテスの誓」は、現在でも通じる医師のモラルの最高の指針とされています。 紀元前の古代ギリシアでは、すでに乳癌の外科的治療が行われていたそうです。当時の科学の最先端を走っていたヒポクラテスは、そうやって取った癌の塊を切り刻み、そのスケッチを残していて、そこに「カニのような(カルキノス)」と いう記述をしているのだそうです。癌の部分が周りの組織に浸潤している様子が、手足を伸ばしたカニのように見えたのでしょうか? 本日、横綱日馬富士がついに引退しました。加能ガニのブランドを示すタグの色は青色です。横綱のタグは文字通り白麻の綱ということになります。青いタグの無いカニはブランド力を失います。綱を外した日馬富士は今後どうなるのでしょうか?彼には日本国籍がなく親方にもなれず、相撲協会にも残れないとか?今回の事

横綱の品格

八角理事長、声つまらせ「日馬富士の問題によりご迷惑を…」、千秋楽の協会あいさつで異例の言及。その後も、理事長が声をつまらせる場面があった。 今回の日馬富士の暴力事件の源は、白鵬にあるのではないかと考えられる。そもそも今回の騒動は、「あなた達の時代は終わった」との貴ノ岩の発言に端を発している。いわゆる、モンゴル3横綱が、貴ノ岩を呼び出し、お灸を据えた展開が察せられる。大親分の白鵬に無礼と若頭役の日馬富士が殴りかかったわけだが、白鵬は手を汚さず、ことに及んだものだと思われる。 大鵬の幕内優勝32回を超え、今場所で40回目の優勝を達成し、「最強横綱」の称号を手にしているが、その強さゆえの驕りなのか、あるいはこれが白鵬なりの「品格」なのか?今場所の初黒星に公然と判定に抗議している。以前、週刊ポストは、歴代6位の幕内優勝22回を誇る貴乃花親方に、白鵬についてどう考えているかを直撃したことがある。 貴乃花親方もまた孤独な横綱であった。現役時代は「何を聞いてもほとんど答えない記者泣かせの力士だった」という一面は今の白鵬と重なる。 しかし、寡黙とはいっても横綱・貴乃花は記者会見を拒否するようなことはなかったし、ましてや審判を批判したこともない。強さだけでなく、そうした姿勢が「大横綱」と称された所以だった。そして現在は協会の大幹部として力士たちに大相撲の品格を守らせる立場だ。それは相手が史上最強の横綱であっても同じだろう。今回の背景にあるのは、もしかしたら、「貴乃花」と「白鵬」の戦いなのかもしれない......。 EndFragment

新県立中央病院内覧会

本日、来年1月9日開院予定の新県立中央病院の医療機関向けの内覧会が開催されました。高度専門病院を目指しての新病院らしく、正面玄関は高級ホテルを彷彿させる外観です。 1Fは広いエントランスホールと女性専用外来が設置されておりました。2Fは各診療科と売店、レストランが配置されております。3Fは化学療法室、リハビリ科、人間ドック等広いスペースが確保されておりました。4Fは手術室がメインで、ハイブリッド手術室が目を引きました。 最後の見学場所は、9Fの入院病棟です。個室的4床室は、各ベットには窓が配置され個室風が体感できました。一番豪華な個室は、差額料金として21,600円/1日で利用可能だそうです。 当クリニックは、どうも一番直近で開放型病床として連携先登録したようで、まだ掲示板には表記されておらず、少々寂しい気になりました。今後は、かかりつけ医の連携病院として、大いに関わっていきたいものだと感じた1日でした。

句会「狼」

本日、人生初めての句会なるものに参加しました。季刊誌の表紙は、メンバーの一人、高校教師でもある書道家の先生が書かれたものです。俳句歴50年の猛者と、プレパドの番組を参考に、面白、可笑しく俳句もどきを始めた小生が同席するのは、心苦しい限りです。 五句作れとのお達しで、「炭火鉢焙り手添える往診医」、「会話無き老婆の脈に小春知る」、「水涸るる川瀬を急ぐ往診路」、「担癌の祖父野辺送り冬の業」、「往診の白衣立襟初時雨」なる医療ネタを提出しました。 5句目が2点句、1句目と3句目が1点句でありました。初参加にしては、上出来との少々お褒めの言葉を頂きました。多分ヨイショでしょうが......。 最後に題句「木・土・立」で即興句を作れとのことで、「呆けまいと師走の調べ指を立て」と詠ませて頂きました。面白いことに、作者の意図と全く別の解釈を選句者にされてしまいました。皆さま、この句どうとられますか?ちなみに、この句には「木・土・立」全ての文字が入っております。木-呆、土-走・調、立は文字通りです。

暴行事件発覚(八角?)

4横綱誕生!本場所年間全90日の「満員御礼」も確実と目論んでいた大相撲に14日、冷水を浴びせる不祥事が発覚しました。横綱・日馬富士が、酒に酔ってビール瓶で前頭・貴ノ岩関の頭部を殴ったという暴力行為です。不祥事を教訓に引き締められたはずの規律が、人気復活とともに緩んでいたのでしょうか? 日本相撲協会の人事をめぐり、そもそも八角理事長(元横綱・北勝海)と貴ノ花親方はライバル関係にあり、八角理事長が提案した案に対して、総合企画部長を務める貴乃花親方らが猛反発した経緯がある。暴行の内容も、ビール瓶で殴っていないとの報道もあり、なんだか、今回の騒動の背後にきな臭さを感じるのは小生だけだろうか?問題の根は深いようだ。EndFragment 日馬富士に対しては、横綱審議委員会は日本相撲協会に厳しい態度で接するよう求め、進退問題に発展する可能性も出てきています。横綱は常に品格・力量抜群でなければならず、常に横綱にふさわしい相撲、日頃の行動をとらねばならない。横綱は品格・力量抜群だからこそ横綱なのだ! われわれ外科医は、大学入局時は新弟子扱いされ、様々な雑用を強いられ、よく”相撲部屋”と称されたものです。”ちゃんこ当番”ならぬ”おでん係”として、大きな鍋を抱え、病院前のおでん屋さんに出かけたことが思い出されます。先輩の言うことは「御意!」の時代でありました。最近の若い医者は、強いことを言おうものなら翌日から登院拒否との話も聞きます。医局長も新入医局員の確保に四苦八苦している様です。しかしながら、同じ釜の飯を食った者同士、同門の先輩後輩の繋がりは強いものです。先日、同門の開業医のOB会がありました

人工知能(AI)

近い将来、AIとロボットが飛躍的に進化することで、20年以内に日本人の半数が仕事を失う可能性があるという予測があります。これまでは、特別なスキル、クリエーティブな発想を持つ人だけが生き残れると言われてきましたが、最近では弁護士、トレーダー、医者といった専門職が、AIに置き換わると予想されています。 「私、失敗しないので」と医療ミスを絶対に起こさないとたびたび宣言しているドクターXこと外科医・大門未知子! 前回放送では、「診断においても、私、失敗しないので!」と、AIでの診断を凌駕している。 StartFragment 知識の質と量で争えば、人間は容易にAIに取って代わられるだろう。綿々と体得してきたスキルをベースにしながら、患者という人間を診るという人間ならではの知性や感性を積み上げていくところにしか、我々医師の価値はない。正確さと精巧さからくるゆるぎない信頼か、感情的な触れ合いか。患者はどちらを選ぶだろうか?EndFragment 小生のブログには、毎回5・7・5調の俳句 or 川柳を添えることを心掛けています。以前、紹介しました夏井いつきさんの白山市での講演会によりますと、1日10分間、俳句創作で頭をひねると認知症の予防になるらしい。そこで、現在使用の我がiPhoneのSiri(秘書機能アプリケーションソフトウェア)に俳句を作らせてみました。彼女の作品はと言えば、「さまざまの こと思い出す iPhoneかな」(うーん、字余りですねえ)。彼女に言わせれば、iPhoneは秋の季語らしい。毎年、秋に新機種が発売されるからだろうか?余りの駄作にて、ドクターXならぬiPhoneXに買

『がきデカ』と『大阪弁の犬』

[if lte IE 8]> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/css/sloth/ie8.v20170923.css" /> <![endif] 昨日、山上たつひこ氏が当クリニックを訪問されました。山上氏を知らなくても、我々の世代では『がきデカ』の漫画を知っている人は多いと思います。主人公である日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う「逆向(さかむけ)小学校」の同級生やその周辺のキャラクター達で展開されるギャグ漫画が『がきデカ』です。 『週刊少年チャンピオン』に、1974年から1980年まで連載されました。いわゆる「ドタバタもの」作品で、本格的ギャグ漫画の草分け的存在です。流行語となった「死刑」などのこまわり君の下品なポーズや、女性キャラ達のHなポーズのエロティシズム、頻繁に登場する動物たちの間抜けさなどは、劇画調のリアルなポーズそのものであり、画期的でありました。 作者が大阪府育ちだったということもあり、ストーリー展開は正に吉本新喜劇そのものです。そんな山上氏の初の自伝が「大阪弁の犬」です。「がきデカ」誕生の裏側も明らかにされており、10月31日に単行本が発売されました。第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した「羊の木」の原作者のほか、小説家、随筆家としても知られる山上氏ですが、現在は、金沢在住であり、生活も長い様です。 山上氏の現在の容姿・風貌は「がきデカ」の登場人物とはかけ離れ、芸術家の風体そのものです。訪問に際し、色紙を一枚書いて頂ました。山上氏が描いた「大阪弁の

人間ドック

晴天の日曜日、本日人間ドックに出掛けました。 我々開業医にとって受診者として、日曜日に人間ドックをやって頂ける医療機関は貴重です。人間ドックの「ドック」とはオランダ語で船の整備をする場所という意味です。人間ドックでは通常の健康診断で見つからない異常が見つかることもあります。 StartFragment 検査結果で「要精密検査」などと書いてあった場合には医療機関に相談することになります。受診の目安は「100÷年齢」とされており、小生はといえば、1.7年ということになります。 昨年の6月に内視鏡検査を受けておりますので、ほぼ妥当な間隔ということになるでしょうか?小生も内視鏡医ですが、さすがに自分でファイバーをのむ訳にはいきません。嘔吐反射が強いため、毎回しっかりと眠り薬を使用して頂き、内視鏡検査を受けております。 2014年からは正常・異常を判断する基準が変わりました。2011年に人間ドックを受けた人の中から健康な人の値を分析、27項目で新しい基準値が作られました。 従来の基準では9割以上の日本人が「異常あり」でしたが、「正常」の範囲が広がったので、怖がらずに受診することが大切です。 当クリニックでも、内視鏡検査を中心に、人間ドック・各種健診を用意しております。人間ドックを受けることで健康への意識が高まります。また、病気になる前に予防することで医療費を抑えることにもなります。ネット予約も可能ですので、是非御利用下さい。 EndFragment

開院一周年

本日午前、花屋さんから胡蝶蘭の鉢が届きました。薬の卸F社からの贈り物です。本日、11月1日は、当院の開院記念日です。開院当初はプレオープンと称し、午後診のみを行っておりました。 1のぞろ目(111)、大安吉日を開院日に設定し、F社のT氏と開業に向けて何度も打ち合わせをしたことが、昨日の様に思い出されます。 短い一年でしたが、心くじけそうになったことも何度かありました。現時点でも、開業が正解だったかどうかの結論には至っておりませんが、午前外来診療、午後訪問診療のスタンスは、今後も継続して行こうと考えております。 2年目の新たな挑戦として、遠隔診療に向けて、現在環境整備を行っております。こちらも、12月からはプレオープン、来年1月からフルオープンを予定しております。もう一つは、メスをもう少しだけ握ってみようかなーと考えている今日この頃です。

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック