​ブログ

GoTo

新型コロナウイルス感染症の影響により大打撃を受けた観光業や飲食業などの需要喚起、地域の活性化に向け計画されている「Go To キャンペーン事業」。その中のひとつ、「Go To トラベルキャンペーン」が7月22日(水)から始まりました。 石川県では、コロナ禍で落ち込んだ観光需要の早期回復を図るため、県民限定で県内宿泊旅行を割引する「泊まって応援!県民限定宿泊割」を実施しています。 この連休を利用し、遠出を控え県内の温泉宿に出掛けてきました。どうも今回の「Go To トラベルキャンペーン」は、「県民限定宿泊割」とダブルで利用できるらしい。事前予約者は、宿泊証明書を貰い後日申請となるそうな? しかしながら、この4連休県外ナンバーの車が往行している。何となく2週間後の新規コロナ感染者数が気になります。「Go To キャンペーン事業」だが、「Go To ホスピタル」とならないことを願いたいものだ.....。

蟻の列

今朝、アリの行列を我が家の庭で見つけました。何十匹ものアリが、ぞろぞろ一本の線のように並んで歩いています。 アリは石や倒れた木の下の隙間を巣にしています。巣が壊れたり、近くに食べ物が少なくなってくると行列をつくって引っ越しします。 餌を見つけたアリが、巣に戻るときに道しるべをつけてきます。この道しるべには匂いが使われます。そして、この匂いをたよりに仲間が集まるので、行列ができるのです。 世の中は、今コロナの第二波襲来だとか?第一波の時は、屋外ではテイクアウトに車の列ができていました。またまた、各所にクラスターが出現し、人々はアリの如くテイクアウトに列を作るのだろうか?

鼠多門

かつて玉泉院丸庭園と尾山神社を結んでいた門と橋が、7月18日に復元し完成します。それは、鼠多門と鼠多門橋です。 完成後は、金沢城公園から鼠多門を通って尾山神社、そして長町武家屋敷跡界隈までたどり着けるようになります。 「鼠多門」という名前の由来については諸説ありますが、発掘による黒漆喰の発見によって、「壁の色が鼠色であった」という説が、信憑性が高いようです。 昨日、久々に吟行句会が、鼠多門周辺で行われました。完成まで1週間とのことで、句会の面々は鼠多門橋を渡ることができず残念がっておりました。句会会場も、体温測定、マスク着用、デイスタンスをとっての上での開催となりました。さぞかし鼠たちも、その光景を滑稽がっているのでは?

県民限定宿泊割

石川県では、コロナ禍で落ち込んだ観光需要の早期回復を図るため、県民限定で県内宿泊旅行を割引する「泊まって応援!県民限定宿泊割」を実施しています。 申し込みの際、代表者の運転免許証、保険証など居住地が確認できる証明書が必要となります。 当初は、8月31日チェックアウトまで有効でしたが、希望者多数のため、予算の都合上、宿泊対象期間が7月31日分までに短縮され、また1万5千円の割引を終了し、1万円と5千円の2区分での割引に減額されました。 自粛疲れを癒すとともに、改めてふるさとの魅力を感じる旅と銘打っており、その恩恵を受けるため、今週末県内の有名温泉宿に出掛けてきました。スタッフの話では、ここ一番の賑わいだそうですが、宿泊客の中には県外組もいたそうな?本日の東京のコロナ感染者数は111人だとか...。今後予定されている国構想の県跨ぎでの「Go To キャンペーン」実施の有無は如何に?

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック