​ブログ

富岡 鉄斎

昨日、訪問診療先のご自宅で掛け軸を目にしました。話を伺うと富岡鉄斎作だと言う。名前は聞いたことがあったが、その領域は疎いので、ネットで検索することとした。 富岡鉄斎は、明治・大正期の文人画家、儒学者。日本最後の文人と謳われる。今日で、これほど世界的に評価されている近代日本画家は鉄斎以外はいないといってもいい。しかし、鉄斎自身は生涯儒学に勤しみ、自らの事を画家と呼ぶことを非常に嫌っていた。 また読書を好み、多くの本から学び、自らの人間性を高めることに勤しんでいた。彼は生涯で古今東西の書を数万冊読んだとも言われている。これほどの経験より鉄斎がただの画家ではなく文人画家と言われるに至るのである。 今日、鉄斎の残した作品は膨大な量に達するが、その更に何十倍もの偽物が出回っているらしい。識者を持ってしても、本物の鉄斎の作品を見抜くのは至難の業だそうだ。ネットで検索してみたが、同じ掛け軸は見出せなかった。どうか、これは贋作ではなく本物であることを願いたいものだ.....。 追記:漢文の意味もネットで調べてみました。興味のある方は御一読あれ! 『書き下し文』 劉伶酒を病みて渇甚だしく、婦に従って酒を求む。 婦、酒を捐(す)て、器を毀(こぼ)ち、涕泣(ていきゅう)して諫めて曰く、 君が飲太だ過ぎたり。 摂生の道に非ず。 必ず宜しく之を断つべし、と。 伶曰く、甚だ善し。 我は自ら禁ずること能はず、唯マサ(冨にツ)に鬼神に祈り、自ら誓つて之を断つべきのみ。 便ち酒肉を具ふべし、と。 婦曰く、敬んで命を聞く、と。 酒肉を神前に供へ、伶に請ひて祝誓(しゅくせい)せしむ。 伶は跪

「はやぶさ2」と「りゅうぐう」

2月22日、JAXAの探査機「はやぶさ2」は、地球から約3億キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」への着陸に成功した。 「りゅうぐう」は直径900メートルの大きさで、着陸地点は半径3メートルの円内らしい。「はやぶさ2」は太陽電池パネルを広げると幅が約6メートルになり、高い精度の着陸技術が求められた。 着陸時は筒状の装置を地表に押し付け、岩石を採取した。岩石は2020年末に地球へ持ち帰り、地球に生命がどうやって誕生したかなどの謎が解明できると期待されているらしい。凡人にはその理由すらさっぱりわからない。 「りゅうぐう」と言えば、浦島太郎が亀の化身の美女に誘われ,海中の竜宮に行き契りを結ぶおとぎ話が有名だ。3年後帰郷して玉手箱を開くとたちまち白髪の翁となり,浦島太郎は鶴の姿で昇天してしまう。もしかして、「はやぶさ2」より先に浦島太郎は昇天後、小惑星「りゅうぐう」に一足先にたどり着ていたのだろうか?凡人の考えることは所詮この程度である.....。

認知症

昨日、「かかりつけ医等認知症対応向上研修」なる事例検討会に参加してきました。テーマは頑な人の心を如何に開くかということでありました。 認知症と言えば、タイで行方不明になっていた認知症の女性が、約7か月後に中国国内で保護され、駆けつけた娘と再会を果たしました。女性は、約640キロの距離を徘徊したことになります。 かと思えば、認知症とは程遠いスーパーボランティアとして知られる尾畠春夫さんは、東京から自宅のある大分県まで約1200キロを歩いて旅をしています。彼は認知症のタイの女性が歩いた距離のほぼ2倍を歩くことになります。 話をもとに戻しますと、認知症の心を開く当グループの工夫は、「押してもだめなら引いてみな!」という結論に至りました。尾畠春夫さんは一輪車を「押す」ことをやめて、今はリヤカーを「引いて」いる様ですが...。恐らく、認知症の人達も彼の笑顔に触れれば、頑な心も解き放たれるのではないかと考えているのは、小生だけでしょうか?

バレンタインデー

2月14日はバレンタインデーでした。バレンタインデーは、古代ローマ時代の聖人、バレンタインに由来します。バレンタインはローマ皇帝の結婚禁止令に反し、相愛の男女を結びつけたかどで、2月14日に斬首されてしまいます。この話がバレンタインデーのもとになっています。 現代の日本では、主に女性が男性にチョコレートを贈る日になっています。さらに最近では、ポリフェノールを多く含んだチョコレートの良さが見直され、バレンタインチョコを自分用に購入する人も増えています。 ところで、この「バレンタインデー」、俳句の季語でもあることを知っているでしょうか?立春が過ぎた2月14日のバレンタインデーは、早春として、すでに季節感あふれる日として定着しているため、春の季語になっています。 また、早春の季語に「獺祭(だっさい)」なるものがあります。これは獺(かわうそ)は捕った魚を祭の供物のように並べるのだという。2月14日、クリニック、往診先の施設、医務室のナースや患者さんから数個チョコを頂きました。帰宅後、食卓に獺よろしく、捕った獲物を陳列してみました。ちなみに「獺祭」なる純米酒があり、それを含んだ「獺祭チョコ」もあるらしい.....。

池江璃花子選手白血病を公表

競泳女子の池江璃花子選手が、自身のツイッターを更新し、白血病と診断されたことを公表した。同日、これを受けて、日本水泳連盟は都内で会見を行った。 今後の期待が大きかっただけに、この衝撃の告白は日本全国だけでなく、世界のメディアも取り上げるほどの大ニュースとなっています。池江璃花子さん本人は、まずは治療に専念するとツイートされております。 一方、四大陸選手権で初優勝した宇野選手は、今回の件について質問を受けたが、自身のケガの経験にも触れながら、「やはり自分が一番つらいことなので、僕がそんな無知な状態で発言できるほど何も知らないし、僕は発言する権利はないと思います」と述べるにとどめた。こうした発言が報じられると、「よく言った!素晴らしい受け答え」と感心する反応が相次いだ。 池江璃花子選手のお祖母ちゃんは、週刊誌の取材に応じ、「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして」と、目に涙を浮かべた。日本国民としては、東京オリンピックに間に合うのかどうかなど、ちっちゃなことに目を向けず、心の中で彼女の頑張りを応援すのが、ベターなのでは......?

市原悦子の朗読

2月8日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」では、急逝した女優・市原悦子さんを特集していました。市原さんと50年の付き合いがあったという俳優・中尾彬をスタジオゲストに招き、市原さんのこれまでの人生を振り返りました。 番組では、市原さんの代表作の一つ「まんが日本昔ばなし」の誕生秘話を紹介しており、民放で昔ばなしをアニメ化するのは初の試みだったという。昔ばなしを、いかに新鮮に見せるかを検討した結果、役者に声を担当させることとした。そこへ偶然スケジュールが空いていた市原さんが抜てきされたということです。 市原さんが生涯大切に読んでいた物語、伝えたかった願いを込めた戦争童話「ちいちゃんのかげおくり」の朗読映像を公開!13分45秒に及ぶ魂の朗読に触れた。VTRが終わると中居をはじめ、出演者一同言葉が出ない様子でしばし沈黙が続いた。 中居は「初めて見たので、僕自身は。勉強不足というか、なんで僕は知らないままなのかとか、出会えてないのかなって…」と感無量の様子でコメントしていた。小生も、市原悦子さんの朗読には泣けました。冒頭の句は、2月7日の句会で投句した小生の市原悦子さんへの追悼句であります。改めて、ご冥福をお祈りします.....。

春一番

4日の石川県内は南からの強い風が吹き、気象台は北陸地方で春一番が吹いたと発表しました。春一番の定義は、立春から春分までの間に、日本海で低気圧が発達し、広い範囲で初めて吹く、暖かく強い南よりの風(8m/s以上)としている。 北陸地方の春一番は統計を取り始めた平成11年以降、最も早くなりました。今年の立春は2月4日で、解禁初日に観測された「春一番」は2回目となるらしい。 昔、漁師が出漁中に、強風によって転覆し何人もの死者を出したことがあったらしい。このため、春一番は急速に発達する低気圧を知らせる防災上非常に重要な表現として言い伝えられています。当時、漁師の間で「春一」と呼ばれていたものを「春一番」と呼ぶようになったそうな。 しかしながら、春一番は文字通り春の到来を告げる優しい風のように感じられます。以前、アイドルグループ・キャンディーズが歌った「春一番」が大ヒットしました。 「.....ちょっと気取ってみませんか 風が吹いて暖かさを運んで来ました......泣いてばかりいたって幸せは来ないから 重いコート脱いで 出かけませんか......別れ話をしたのは去年のことでしたね ひとつ大人になって忘れませんか もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか?」なんて歌っていた頃が懐かしい!

スーパー銭湯

昨日の土曜日、午後からスーパー銭湯へ行ってきました。知人から割引券を頂いていたので、往診の後に立ち寄ってみました。  目的は、アカスリ!最近、少し背中がかゆく、アカスリをやりたいと思っていたところでした。全身アカスリ+ボディシャンプー+ヘアシャンプーが30分で3,780円也。 Tシャツ短パンの韓国人のオバちゃんにパンツを履く様に指示され、アカスリがスタート。本当にびっくりするくらい垢がボロボロと出る。毎日風呂に入って、身体を洗っていてもこうなるのだろうか?うつ伏せになって背中、お尻、足裏をゴシゴシ。背中が一番気持ちがよかった。一通りアカスリが終わると、シャンプーとマッサージ!マッサージは形式的に軽めに少々。  「気持ちいい~」と家に帰ってきたのだが、夕方になると背中が痒い。これは、やはり老人性掻痒症なのだろうか?アカスリのマッサージでは物足りないので、今日は本格的な全身マッサージに出掛けることとしよう.....。

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック