干し大根

 冬になると、たくさん作る物があります。例えば、吊り干し大根です。大根を生ではなく干して食べることにより、栄養価があがりますし、長期保存もできるようになります。

 干し大根というと、切り干し大根を思い浮かべる方が多いようです。一方、丸ごと吊るして干した大根を言う人もいます。あとは、ざっくり切り分けた大根をあちこち向くように紐でくくって干している様子も見たことがあります。

 どれも大根を天日で干すということは同じですが、切り方や干し方、使用用途が違うだけという感じでしょうか?大根は、とても水分の多い野菜です。干すことによって水分がなくなってくると、栄養素が凝縮されます。太陽の光に当たることで酵素も活性化しますから栄養価がアップするだけではなく、野菜の甘さも強くなります。

 先週、地方紙に冒頭の句が川柳欄で秀作を頂きました。本日は、当クリニックの休日当番医です。患者さんはほとんどが、ノロとインフルエンザ疑いの方ばかりです。この季節の二大感染症ですが、干し大根でも食べて、冬の季節を乗り切りたいものです....。

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック