枇杷が黄色くなると医者が青くなる?


 今日、クリニックに近所の女性の方が枇杷の実を持ってきてくれました。”枇杷が黄色くなると医者が青くなるんだって”と言って診察もなく帰って行かれました。

 このことわざは、小生も耳にしたことがありましたが、患者がいなくて、医者が青くなると理解しておりました。どうもそれは真逆で、夏になると急に病人が増えるので、医者が忙しくて青くなるという意味だそうな...。枇杷の色付く頃になると食欲不振や食中毒などで医者に通う人が多くなり、繁盛するということわざらしい。  今日、午前中はいつもになくクリニックは、大忙しでした。何だか、近所のおばさんの御利益にあやかった様な気がします。粋な女性の行動に、今日は何だか嬉しい気分になりました。

 近所の女性は、”また持って来るね”と言って帰って行かれたそうな.....。次回の来院時も大忙しになるのでしょうか?またの訪問心よりお待ちしております。

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック