​ブログ

 石川県では、コロナ禍で落ち込んだ観光需要の早期回復を図るため、県民限定で県内宿泊旅行を割引する「泊まって応援!県民限定宿泊割」を実施しています。

 申し込みの際、代表者の運転免許証、保険証など居住地が確認できる証明書が必要となります。

 当初は、8月31日チェックアウトまで有効でしたが、希望者多数のため、予算の都合上、宿泊対象期間が7月31日分までに短縮され、また1万5千円の割引を終了し、1万円と5千円の2区分での割引に減額されました。

 自粛疲れを癒すとともに、改めてふるさとの魅力を感じる旅と銘打っており、その恩恵を受けるため、今週末...

 蜘蛛は糸を分泌して粘着力のある網を張り、網にかかった昆虫などを捕食する。巣の形、大きさ、作り方など様々だが、きわめて巧緻で幾何学的でもある。

 先日出掛けた森林公園でも、いくかの蜘蛛の囲を見かけました。露のついた巣、光に輝く巣などは美しい。これは夏の季語でもあります。

 蜘蛛の囲は正にブラックホールならぬホワイトホールと言えます。「すべてを呑み込む物体」ブラックホールに対して、「すべてを放出する物体」ホワイトホールが理論上は存在し得るとか?
 ホワイトホールの外側にブラックホールがあって、ホールが吐き出したものはすぐに外側のブラックホ...

 きょう21日は、夏至に加えて、夕方の日本列島では部分日食がみられました。夕方のその時間帯は、夏至の日を謳歌すべく近くの森林公園へ出掛けてきました。

 マスクを外しての森林浴の道すがら、ある樹木にはその名前が記されていました。なんと「コロナ」と思いきや「コナラ」の文字に苦笑い。

 コロナとは、もともと太陽の外層大気の最も外側にある希薄なガスの層。日食とは、太陽光が月にさえぎられた部分が、小さな月の影として地球上に黒っぽく映る様なのですが、正に太陽光コロナに月の黒マスク!

 本日は、また父の日でもあります。長女からは、プレゼントに孫の顔写真...

 先日、クリニックを換気しようと思い、待合室の窓に目をやると黒い塊が表面にくっ付いてるのが見えました。何だろうと思い近くに寄ってみると、ハエが止まっておりました。

 「わりと大きいやつだなあ」なんて思いながらよくよく見たら、ハエの交尾でした。なにせハエの交尾なんてあまりお目にかからないので、急いでスマホを用意して、写真を撮ることが出来ました。

 ちょっと気になったんでハエの交尾について調べてみました。ハエのメスの多くは、オスが交尾に時間をかけようとするのに対し、短時間の簡潔な交尾を好むという。

 メスにとっては、1回の交尾が短い方が繁殖の...

 昨日、実家からの帰り道、のと里山街道で日没前の綺麗な光景に出くわしました。水平線に太陽が没する景は正に神秘的!

 コロナとは、もともと太陽の外層大気の最も外側にある希薄なガスの層であり、ラテン語の冠に由来するとか?

 写真の撮影地は、かほく市の二ツ屋海岸です。コロナ感染のクラスターが発生している二ツ屋病院の近辺です。先日、二ツ屋病院の医療スタッフを励ますため、この地で青色の花火が上がった様だ。

 太陽コロナは、水素原子が原子核と電子とに分解されたプラズマですが、世を悩ませているコロナウイルスは、その電顕像が太陽コロナが放つスパイク状のプ...

 今日で5月も終わりです。明日の6日1日から、コロナ禍で自粛されていた社会活動も徐々に平常に戻りそうです。

 先日、往診用の軽ワゴン車の走行距離が、何と11,111Kmのゾロ目になりました。思わず車を止めて、記念撮影した次第です。

 思い起こせば、3年半前の11月1日、縁起を担いで1並びの日にクリニックを開業したことが思い出されます。

 コロナ感染の第二波への対策、平常な社会活動、しばらくは両睨みの戦いになりそうです。今後も、コロナ感染患者のカウントメーターが一気に伸びないことを切に願いたいものです。

 

  今週中に、首都圏もどうやら緊急事態宣言が解除されそうな気配です。そんな中で、新たな生活スタイルとして、「ソーシャル・ディスタンス(social distance)」という言葉が拡散しています。

 これは、誰かと会ったり、話したり、お店に並んだりするときは、なるべく2mくらい距離を空けましょう、という行動変容のススメです。

 この意味に照らすと、「フィジカル・ディスタンス(physical distance)」という言葉の方が適切ですし、偏見、差別とも取られかねないソーシャル・ディスタンスという言葉をやめるべきだという指摘もあります。

...

 先週の日曜日、毎年恒例の実家のタケノコ堀りに行ってきました。これがあの硬い竹になるなんて驚きですが、さてタケノコはいつ竹になるのでしょうか?

 タケノコが、軟らかくておいしいタケノコでいられるのは、土から出てきてわずかな期間だけです。土から頭を出すか出さないかの時が、一番の食べごろです。それ以上たつと、タケノコは急に背を伸ばしながら、煮ても食べられないくらい身を硬くして、竹になってしまいます。

 タケノコは、産毛が生えた皮が何枚も重なって、すっぽりと包まれています。実はあの皮が、タケノコと竹を分ける境界線なんだとか?タケノコはまさに“...

 本日は母の日です。先日、次女から我が家にプレゼントの花が届きました。今年の母の日は、手渡しでのプレゼントは少々難しい様です。

 次女は、コロナ禍の現状において、学校からアパート待機が強いられております。授業もオンラインで行われているとか?

 コロナ不況の中、今一番忙しいのは宅配業者だと聞いております。母の日のプレゼントと学生のオンライン教材の発送が重なった様です。

 小生はと言えば、レターパックに母の日のプレゼントよろしく、1か月分の定期薬を送った次第です。長女はと言えば、コロナ禍の中、自宅に籠り、ゼロ歳児の子育てに日夜奮闘中であります...

 柏餅は、五月五日の端午の節句菓子として知られています。新粉生地で餡を包み柏の葉でくるみ、蒸した菓子です。

 柏餅を食べるとき、葉っぱごと食べますか?それとも、葉っぱを全部きれいに取ってから食べますか?ふっくらもちもち食感のお餅と、それを包む美しい緑色をした葉っぱ、このふたつを一緒に食べるのはどうも抵抗がある、という人が多いのではないでしょうか。

 結論から言うと、一般的には食べないものとされているようです。一緒に食べると葉っぱ独特の苦味、それから筋っぽさがお餅の食感の邪魔をしてしまいます。

 孫は今年、初節句を迎えますが、このコロナ騒動...

Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2020 きむら尾張町クリニック