​ブログ

 先週の週末、富山県の雨晴温泉で外科同門の同級会が行われました。小生の学年3名と一学年下7名の計10名での開催となりました。

 全員還暦前後の外科医(元外科医も含む)であり、開業医以外の勤務医は、副院長等の重責を担っている面々である。

 「雨晴」は、源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨が降り出し弁慶が岩を持上げ雨宿りをしたという伝説があり、この時期は「寒鰤」が有名だが、夕食に鰤しゃぶが出なかったのは残念だった。

 今、世の中は新型肺炎一色だが、感染予防のため今後こういった集会も自粛せざるを得なくなるのだろうか.....?

Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2020 きむら尾張町クリニック