水鳥

水鳥に余生ありとや水脈の果て


 鴨、雁など、水鳥の多くは秋に北方のシベリアなどからやってきて日本で冬を越し、春になると北へ帰っていきます。

 そのため、水鳥は冬の季語とされています。水面に悠々と浮かぶ姿から浮寝鳥などとも呼ばれています。

 水脈(ミオ)とは、水鳥が泳いだ後ろに出来る跡のこと。舟のうしろに出来る航跡に見立ててそう呼ぶのです。写真は柴山潟の水鳥の水脈です。

 水上では、気持ちよさそうにしていますが、春になるとまた北へ帰っていきます。さてさて、自分のこれまでの軌跡、そしてこれからの余生などを考えているのでしょうか?

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック