宝くじめける受賞の俳句かな


 第31回伊藤園お~いお茶新俳句大賞が10月1日に発表されました。今年応募された作品は1,954,888句でした。

 審査方法は、一次審査で約20,000句に絞ります。二次審査会では、一次審査員とは異なる15名が、約10,000句に絞り込みます。

 二次審査を通過した作品のうち、上位にあたる約2,000句を最終審査員が個別で検討します。

 そして、最終審査会で合議制で各賞が選出されます。例年は、7月7日の七夕の日に受賞作品が発表されますが、今年はコロナ禍とあって3か月遅れの発表となりました。そして、本日小生のもとにも「佳作特別賞」の賞状が届きました。「お~いお茶」のパッケージに掲載されるのを楽しみにしている次第です。


アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック