いのちの停車場

春の泥跳ねて中古の往診医

 昨日公開の「いのちの停車場」を観てきました。在宅医療に身を置くものとしては、やはり一見の価値はあるとの判断です。

 主人公の在宅医療を行う医師・咲和子を演じるのは、日本を代表する女優である吉永小百合。東京の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。

 様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。柳葉敏郎演じる膵癌末期の患者との別れ等々....。

 小生も今、看取り期にある膵癌末期の患者がいます。在宅医療には正解はなく、それらに携わる医師、患者、その家族の考え方が反映されます。この患者さんはドクターのお母さまです。ドクターである娘さんは、在宅での看取りを希望され今日に至っております。

 

アーカイブ

© 2020 きむら尾張町クリニック