© 2018 きむら尾張町クリニック

遺句集「百年」

 昨年2月に98歳で死去した俳人、金子兜太の遺句集が出版された。生誕100年に当たる今年9月に刊行し、書名も「百年」となっている。 

 小生も、早速一冊買い求めることにした。表題「俺は死なない。この世を去っても、俳句となって生き続ける」が、何ともいい!

 戦後から平成の俳句界を先導した巨匠が最後の10年間に残した700句あまりを網羅し、「陽の柔わら歩ききれない遠い家」など絶筆となった没年の9句で締めくられている。

 先日、句会に参加した折、自分では会心の作なのに、句会では評価されない。金子兜太曰く、「俺だって迷いもあった。でも、わからん奴がバカだと思うことにした。お前らもそんな覚悟で自分の道を進め」。冒頭の句が、小生の句会での0点句です。理解できる方おられますか.....?
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload