© 2018 きむら尾張町クリニック

星稜高校準優勝

 

  第101回全国高等学校野球選手権大会で、石川県勢としては24年ぶりに星稜高校が決勝に進出しました。地元は悲願の優勝を熱望していましたが残念ながら、準優勝に終わりました。

 強豪と呼ばれる星稜ですが、技術面だけでなく、メンタル面でも力を入れてきたことが、大活躍の一因となっている様です。奥川選手の活躍は、もちろん目を見張るものがありましたが、今回の大活躍は全員で「甲子園優勝」という目標に向かって、心を1つに集中し、普段の練習に挑めたことが大きかったのだと思います。

 ここで大事なのは、「甲子園優勝」という目標に加えて、「なぜ、甲子園で優勝したいのか?」という「目的」の存在です。星稜高校のメンタルコーチは、平昌五輪女子スピードスケート金メダリスト髙木菜那選手をはじめ、数多くのトップアスリート、一流経営者などの指導を行ってきた飯山晄朗氏です。

 彼の著書『勝者のゴールデンメンタル あらゆる仕事に効く「心を強くする」技法』では、「心を強くする」メソッドが紹介しているそうな。目標達成できない・自信がない、自己肯定感が低い・やる気がでない・本番に弱い、緊張しやすいこんな悩みを全部解決してくれるらしい。来月、還暦を迎える小生、人生の転換期としてこの本でも少し読んでみようかなあ.....。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload