© 2018 きむら尾張町クリニック

サラリーマン川柳上位句発表

 『第一生命サラリーマン川柳コンクール』の中から選ばれたベスト10が発表されました。第1位には「五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし」が輝いた。仕事で溜まったストレスを発散したいサラリーマンの気持ちを流行語に乗せてうまく表現した作品。

 10位までの句を見ると、医療関係では、2位の「いい数字 出るまで測る 血圧計」。確かに、白衣性高血圧という言葉があるように、クリニックでも血圧を測定すると、普段より血圧が高くでることも多い。患者さんの気分をよくするために、深呼吸を2-3回させて、再度測定することも多い。

 また、5位に「やせなさい 腹にしみいる 医者の声」。8位に「下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん」が入っている。小生も高脂血症の患者さんに、自分の下腹を棚に上げて、決め台詞「やせなさい」と言うことも多い。自虐的になりますが、「やせたいな 腹にしみいる 医者の声」といったところでしょうか?

 一方、年齢によって投票数は多少違うらしい。今年還暦を迎える身としては、60代の投票が気になる。60歳以上のベスト3は、1位「いい数字 出るまで測る 血圧計」。2位「人生の 余暇はいつくる 再雇用」。3位「ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし」らしい。こちらも自虐的に、「人生の 余暇はいつくる 開業医」......。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload