© 2018 きむら尾張町クリニック

横綱稀勢の里が引退

 予想通り、横綱稀勢の里が「私の…土俵人生において、一片の悔いも残っていません」と涙をにじませ、引退決意の思いを語った。
 昨日、稀勢の里の進退についてインターネットアンケートが行われた。1位は全体の77.6%を占めた「引退するべき」。2位は「まだ続けるべき」で16.4%。3位が「休場するべき」で6%と厳しい声が相次いだ。

   普通に考えれば、本日引退表明をするだろうと皆が考えていたことだろうが、やっぱり和製の横綱がいなくなることは、日本人の一人としては寂しい。大関も純和製は豪栄道だけだが、こちらも勝ち越しがやっとと横綱を目指すには期待薄の状態.....。

 俳句の世界では、初場所は新年の季語だが、新年らしい雰囲気に包まれるはずだったが、横綱稀勢の里の引退を始め、前半戦の横綱・大関の成績は惨憺たるものだ。純和製としては、「貴景勝」の今後の活躍に期待したいものだ.....。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload