© 2018 きむら尾張町クリニック

女神たちの華麗なる音楽会

 先日の勤労感謝の日、ヴァイオリニスト高嶋ちさ子のコンサートへ行ってきました。“観ても、聴いても、美しく、楽しい” ヴァイオリン・アンサンブルと銘打ったコンサートは、クラシックの名曲のみならず、様々なレパートリーを12本のヴァイオリン・アレンジで演奏する企画です。
 個性豊かなメンバーがステージを彩り、観客も参加するオリジナルコーナーや振り付けを加えた演奏など、ヴァイオリンという楽器をより身近に感じられるコンサートでした。

 12人のヴァイオリニストは、高嶋ちさ子プロデュースによるクラシックヴァイオリンの新しい鑑賞方法の提案によって構成された女性ヴァイオリニスト達のユニットだ。なお、「12人の」となっているがメンバーのスケジュール調整などの余地を残すため12人以上がメンバー登録されているとか?

 高嶋ちさ子といえば、バラエティ番組などで見せる毒舌ぶりから、「肝っ玉母ちゃん」と呼ばれることも多い。竹を割ったような性格から支持の声が多い一方、過激な発言が影響で炎上することも。ヴァイオリン演奏もさることながら、やはりトークが面白い!兎に角、「女神たちの愉快なる音楽会」であった....。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload