© 2018 きむら尾張町クリニック

 富山市で交番の警察官が刺殺され、近くの小学校の警備員が射殺された事件で、逮捕された元自衛官、島津慧大容疑者が奥田交番で稲泉健一警部補を刺殺後、付近の住宅街を約20分間、歩き回っていたことが、明らかになった。

 交番襲撃後は住宅街の路地や裏道、用水路沿いなどを進みながら、奥田小学校の正門前にたどりついたとみられている。同小では、緊迫した校内放送が流れ、教諭らが児童約400人を体育館に誘導、避難させた。校舎の出入り口では、教諭たちが刺股やほうきを手に警戒した。

 事件場所は、小生が医師2年目に出張先に出ていた病院の官舎としてあてがわれていたアパートからほど近い。ベランダ越しに奥田小学校が垣間見えたと記憶している。事件当日の緊迫した様子を想像すると身の毛もよだつ。

 最近は不可解な若者の事件が多すぎる。金沢でも市中にパトカーが多く見受けられる。これも警察による地域警戒の一環なのだろうか?本日は、当クリニックの休日当番日である。何事もないことを願いたいものだ.....。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload