© 2018 きむら尾張町クリニック

日本の強さはポーランドより上??

 

 今日も、サッカーネタで。試合前は日本がセネガルに対抗できるのか、懐疑的だった。セネガル選手は、アフリカ特有の野生動物のような鋭さを持っている。そんな彼らと互角の戦いをするのは、決して簡単なことではなかっただろう。

 1点のビハインドから同点にすることは、ただ単にゴールすることより難しい。この2-2という結果は、最後まであきらめず、集中力を切らさない日本の、まさに面目躍如といったところだろう。いや、それどころか日本は勝つことさえできたかもしれない。柴崎のクロスに大迫の足が触れていれば、それも可能だったはずだ。「大迫半端」って感じ?

  次のポーランド戦で、勝ち点1さえ挙げれば、日本は決勝トーナメントに進出することができる。しかし、頭のどこかで”引き分けでもいい”などと思ってしまうのは非常に危険だ。それでは前へは進めない。守るばかりでは後ろ向きの結果しか出ない。次の試合でもこれまで通り、何が何でも勝つというサムライスピリッツを見せてほしい。 

 今の日本とポーランドなら、強さは日本のほうが上のはずだ。頭を働かせて、正しいメンタリティをもって試合に臨めば、いい結果は出せる。サッカーの世界に絶対はありえないが、日本のベスト16入りを信じている。今回の侍ブルーのすばらしいサッカーは、我々日本人に活力を与えてくれる。明後日、もう一日寝不足になってみよう!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload