© 2018 きむら尾張町クリニック

 関西学院大学と日本大学によるアメリカンフットボールの定期戦で、日大の選手が悪質な反則タックルで退場になったことが社会問題化している。そんななか、反則行為を行った日大の宮川泰介選手が日本記者クラブで、昨日会見を行い、一連のプレーが監督およびコーチの指示であったことを明かした。

 会見では、「やる気がないなら辞めろ。相手のクオーターバック(QB)を潰すなら試合に出してやる」、「ワンプレー目からQBを潰しに行け」、「できなかったじゃ済まされない」、「秋の関西学院大の試合でQBがケガをしていれば得だろう」等々、生々しいやり取りが語られた。

 宮川選手は全日本大学選抜にも選出されるなど将来を嘱望されていた実力者だが、「アメフトを続けるのが苦痛。自分にアメフトを続ける権利はない。やるつもりもない」と引退を表明した。日大の監督、コーチは、関西学院大のQBだけでなく、夢を追いかけてきた自大学の若者の人生までも潰してしまったことになる。

 この日大選手の会見は、今、日本で起こっている恐ろしい事態(森友、加計、働き方改革)すべてに通じる様な気がする。戦時中の特攻隊、やくざ渡世の鉄砲玉と同様に中間管理職の地獄のすべてが象徴された格好だ。日大の監督とコーチは、いったいどう責任を取るのか?今晩8時から、監督とコーチの会見がある様だが、さてさて、事態はどのように収束するのだろうか........。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload