© 2018 きむら尾張町クリニック

バレンタインデー

 今日は、西暦270年にローマの司教・聖バレンタインの殉教した日。後顧の憂いを絶つため、遠征する兵士の結婚を禁じたローマ皇帝クラウディウスに反対したために処刑されたという。多くの若者たちが、深い絶望を感じた日だった。

 バレンタインデーにチョコレートを渡す習慣は、日本だけだそうだ。これは60年前から始まった商業戦略らしい。今日は午後休診。産業医契約の百貨店に立寄って見ると、思わぬ男性から、チョコレートケーキをプレゼントされた。木箱には、LE CHOCOLATIER TAKAGIと刻印されている。どうも高木康政氏オーナーシェフの東京の名店らしい。

 本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分チョコ.....。中学生時代、登校後の机の中にチョコが1個だけ入っていたのが、思い出される。あれは、本命チョコだったのだろうか.....?今日頂いたチョコレートケーキは、”義理と人情”チョコ!

  俳句の世界でも、「バレンタインの日(バレンタインデー)」は、季語としてすっかり定着した感がある。最初のころには、もぞもぞしていた俳人たちも、やっと最近では自在に扱うようになってきた。今日がどういう日かは、朝からテレビでうんざりするほどやっている。世の男性陣はさぞかしそわそわした1日だったことだろう?世の中とはうらはらに、男チョコも悪くはない!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload