© 2018 きむら尾張町クリニック

 

 12月よりきむら尾張町クリニックは、遠隔診療を開始いたしました。「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を、次の診療報酬改定でしっかり評価する」。2017年4月14日に開催された第7回未来投資会議での安倍晋三首相のこの発言は、インターネットを介したオンライン診療、いわゆる遠隔診療の普及に向けた新たな段階の幕開けを告げました。

 仕事や子育てで忙しく医療機関を訪れる時間をなかなか確保できないビジネスパーソンや主婦、専門の医療機関が近隣にない地域の高齢者や難病患者などに、受診スタイルに新たな選択肢を提供するのが遠隔診療です。

 当クリニックは、内視鏡検査・生活習慣病・在宅医療など幅広く診療を行う地域に密着したクリニックを目指しております。慢性疾患では、多忙から継続的な通院が途絶えてしまうケースが少なくありません。待ち時間なく、数分で診察・会計が終了するオンライン診療は、そのような方に通院治療の選択肢を増やし、患者様にご満足いただけると考えております。また花粉症や不眠症などで定期内服されている患者様、AGAやEDなど敷居の高くなりがちな診療にも活用できると考えております。内視鏡検査に関しては、普段お忙しくて検査のできない方に夕方・土曜日にも検査・手術を行っており、その結果説明をオンラインで行うことも可能です。

 実際の流れは、カレンダーから空いている診察時間の予約をします。保険証はカメラで撮影して提出して頂き、問診票もアプリで回答できます。診察予約時間になったらビデオチャットで医師の診察を受けられます。通院のための移動時間や待合室での待ち時間にイライラすることはありません。会計の順番を待ったり、事前に現金を用意したりしなくても、診察後にクレジットカードで会計が完了します。薬や処方せんは登録した住所までお届けします。今までにない新しい通院のスタイルが、スマホ通院アプリです。スマートフォンやパソコンのビデオチャット機能を使い、インターネットを介して医師が診療を行う遠隔診療(オンライン診療)が、普及へと大きく動き出しそうな予感がします。 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload