© 2018 きむら尾張町クリニック

惠百福(たくさんのしあわせ)

 昨日の夕方、さだまさしコンサートに出掛けました。昨年も金沢に来ており、2年連続の鑑賞ということになります。「Birthday」(鶴瓶の家族に乾杯の挿入歌)からスタートし、初めて生で聴いた「関白宣言」、全員総立ちでの「北の国から」の合唱とコンサートは進んでいきます。その他数曲を歌い繋いでいきますが、小生が耳慣れた歌は上記3曲くらいです。

 観客はほぼ我々と同世代です。兎に角、トークは天下一品!歌より、トークを聞いている方がむしろ楽しいと言えば、さだまさしには失礼だろうか?トークタイムは爆笑のうずと化します。

 今回のコンサートテーマは、惠百福(たくさんのしあわせ)だそうだが、一番気に入った歌詞、「いのちの理由」を転記させて頂きます。

 私が生まれてきた訳は 父と母とに出会うため 私が生まれてきた訳は きょうだいたちに出会うため 私が生まれてきた訳は 友達みんなに出会うため 私が生まれてきた訳は 愛しいあなたに出会うため 春来れば 花自ずから咲くように 秋くれば 葉は自ずから散るように しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ 悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように 私が生まれてきた訳は 何処かの誰かを傷つけて 私が生まれてきた訳は 何処かの誰かに傷ついて 私が生まれてきた訳は 何処かの誰かに救われて 私が生まれてきた訳は 何処かの誰かを救うため 夜が来て 闇自ずから染みるよう 朝が来て 光自ずから照らすよう しあわせになるために 誰もが生きているんだよ 悲しみの海の向こうから 喜びが満ちて来るように 私が生まれてきた訳は 愛しいあなたに出会うため 私が生まれてきた訳は 愛しいあなたを護るため......

 人のいのちに携わる職業に身を置く小生も、「いのちの理由」の歌詞を読み返し、どうでも良いことに悩み、怒り、落胆する自分から解き放たれたいと思っている今日この頃です......。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload