© 2018 きむら尾張町クリニック

桜満開

April 9, 2017

<世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし>

 

この世の中に、まったく桜の花というものが無かったならば、春を迎える人の心は、おだやかでいられるだろうに。(しかし実際は、なまじ美しい桜の花があるせいで、いつ散ってしまうだろう、どうか散らないでほしい、とハラハラして過ごすことになるのだが…。)
今日は、花見に出かけようと思いましたが、天候も悪く肌寒く、今週末の夜桜見物に延期することにしました。週末まで桜の花は散らずに待っててくれるでしょうか......?


<散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき>


散ってゆくからこそ、いっそう桜は素晴らしいのです。そもそも、この辛い世の中に、永遠に変わらないものなど何があるでしょうか(何もありません)。「花の命は短いからこそ値打ちがあるのだよ」という、ツッコミの歌ですが、人の命もまた然り!?

 

 



Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload