© 2018 きむら尾張町クリニック

感染性胃腸炎流行

 

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎について

 

  • 嘔吐、下痢が主症状ですが、その他、軽度(37~38℃)の発熱、腹痛など個人差があります。

  • 乳幼児や高齢者など体力の弱い方は、下痢、嘔吐などで脱水症状を起こすことがありますので、注意が必要です(検査の保険適応は乳幼児、高齢者のみです)

  • 通常、1週間以内で回復しますが、症状回復後も1週間程度はウイルスの排出が続きます。

《予防》

  1. 帰宅時や食事の前、トイレの後に、石けんでよく手を洗いましょう。

  2. 感染した人の便やおう吐物には、直接触れないようにしましょう。 (使い捨ての手袋やキッチンペーパーなどを使って処分しましょう。)

  3. 調理をする場合は、よく加熱(85℃、1分間以上)しましょう。

《治療》

ウイルスが原因の場合には、対症療法が中心となります。また、細菌によるものであれば、抗生物質などが有効です。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload