© 2018 きむら尾張町クリニック

クモ膜下出血

December 25, 2016

 

今日はクリスマスですが、高校時代の同級生がクモ膜下出血で亡くなり、葬儀がありました。向かう途中に曇り空に虹がかかっていました。天国に召される道しるべだったのでしょうか?

 クモ膜下出血は、一般的に脳動脈瘤(脳の血管のコブ)が破裂して出血して症状が出ることが多いようで、出血を伴い、脳を圧迫する影響で、クモ膜下出血を発症する直前に自覚症状は一般的にガンとまるでバットで殴られたような強烈な頭痛が伴うということをよく言われます。またそれに伴う吐き気もあるようです。ただし、一度目の出血量によっても症状が違うようで、出血が多量の場合、意識が戻らないままそのまま亡くなってしまうこともあり、出血量の少ない場合は頭痛の痛さなども軽く、吐き気や意識障害もほとんど少ないようです。また血圧が乱高下したりすることもあるようです。少し頭痛や吐き気が続くような場合またこの時期視覚障害が伴った場合は要注意でしょう。


 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload