プラセンタ注射始めました

 

 

 

 

 

プラセンタ注射ってなに?

医療用プラセンタ注射薬とは、厚生労働省で医薬品として認可されているものです。厚生労働省で承認されているものとして、メルスモンとラエンネックの2つがあげられます。このプラセンタ注射は、慢性肝疾患治療更年期障害などの治療のために、保険適応が認められています。

しかし、美容目的などでは保険適応の対象外で自費診療となります。

医療用プラセンタ注射薬とは、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみを使用して作られたものです。妊娠入院時に、血液検査を繰り返しエイズやC型肝炎といった感染性の高い病気がないことを確認した胎盤を使用します。その後、高圧蒸気減菌を行い無菌試験・動物試験が行われ高い安全性が確保されたものです。細胞の新陳代謝を促し、細胞の増進・促進を促すもので少量でも十分な効果が期待できます。他にはアミノ酸やビタミン、酵素などが存在し、体内の細胞をつくる原料となります。

効果

プラセンタを注射により体内に投与することで、主に次のような症状に効果があると言われています。

  • 美容:美白、保湿、シミ、シワ、たるみなど

  • 女性特有の悩み:更年期障害、生理不順、生理痛、冷え症など

  • 健康:肩こり、腰痛、花粉症などのアレルギー、疲労など

  • メンタル:自律神経失調症、不眠症、うつ病など

 細胞を促進させ健康状態の向上と共に美白・美肌といった若々しい容姿を維持するためには、定期的にプラセンタを摂取する必要もあるでしょう。

プラセンタ注射とは、日常の生活で補うことができない養分を有効的に取り入れることが可能なものです。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2020 きむら尾張町クリニック