© 2018 きむら尾張町クリニック

​ブログ

 国立天文台によると、7月31日に最接近となった火星と地球間の距離は5759万キロ。と言われても、スケールが宇宙レベルでよくわからない。玄関先から撮った火星の写真はコメ粒だが、何となく明るいオレンジ色。

 太陽の回りを公転している火星と地球は、約2年2カ月おきに太陽から見て同じ位置にくるらしい。それは「会合」と呼ばれ、軌道的には近づきあった状態となる。

 火星探査機が、火星の氷の下に液体の水が存在している証拠を見つけたというニュースが、サイエンス誌で発表された。水の存在は生物が存在する可能性に直結するため世界中で大きな話題になっている。

...

 昨日、甥っ子の結婚式出席のため、岡山に出向きました。挙式形式は、格式にとらわれず、列席者に結婚の証人となってもらうスタイルの人前式でした。外は炎天下、讃美歌代わりに蝉が祝福の大合唱をしておりました(冒頭句)。 

 岡山と言えば、前回の洪水の被災地です。ホテルで地方誌の朝刊をみると、地元誌ならではの洪水被災地の特集が掲載されておりました。我々が知りえない事実に驚きました(地方誌の被災爪痕夏の旅)。

 結婚式場へ向かう車窓では、葬儀場で弔いを受ける人(婚儀前車外は弔事酷暑かな)。一方、警察の護送車でしょうか?カーテンを締め切った鉄檻のつい...

 大暑の23日、埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高の41.1度を記録した。高知県四万十市で13年8月に観測された41.0度の最高気温を5年ぶりに更新した。 

 この日は東京都青梅市40.8度、甲府市40.3度、岐阜県多治見市40.7度と4地点で40度を突破。4カ所の40度超えは11年ぶりで、気象庁は緊急会見し、猛暑は8月上旬まで続くとして警戒を呼びかけた。

 「あついぞ!熊谷」のキャッチフレーズで知られた熊谷市が、再び“日本一”を取り戻した。市民からは「インパクトがない」との声が上がっていたというが、大温度計を設置すると日本一になるという...

 夏になると、スーパーマーケットの店頭に「土用の丑の日」のキャッチコピーと共にウナギが並びます。日本人はウナギが大好きです。そもそも「土用の丑の日」とは何の日でしょうか?なぜウナギを勧められるのでしょうか?

 「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。そして、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。つまり「土用の丑の日」とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。今年は夏の「土用の丑の日」は、7月20日、8月1日ということになります。 

 「土用の丑の日」になぜ、ウナギ...

 東日本から西日本の広い範囲で晴れて日差しが強く、朝から気温が上昇しています。炎天下でクリニックの患者さんも少なめ....。

 外来へ来られた患者さんの言葉。「暑くて、死にたいくらいです」(女性)ー死ぬほど暑いが正しい表現か?「半分ばててます」(男性)ーあと半分はばてていないということか?

 真っ赤に染まる猛暑列島は、その「ノ」の字の形状から赤唐辛子を想像させられます。一般には、唐辛子は秋の季語ですが、青唐辛子は夏の季語になります。真っ赤な激辛の唐辛子は、今年の猛暑そのものです。

 魔除け開運グッズ、カラー唐辛子ストラップなるものがあるら...

 「ドーン、ゴゴゴゴ」。地鳴りのようなごう音。川の両岸に住宅が点在する集落。裏山が崩れ、土砂が住宅になだれ込んだ。今回の西日本豪雨による被害は、全壊や半壊、床上・床下浸水の被害を受けた住宅は31道府県で計約2万6500棟らしい。  

 今回の惨事は、東日本大震災を彷彿させる。政府や自治体は被災者の自宅のある地域で自治体が民間住宅を借り上げる「みなし仮設」住宅や公営住宅への入居を模索しているらしい。ただ、地域外の場合、住み慣れた場所での生活を望む被災者の意向と「ミスマッチ」になるケースもある様だ。

 被災地には3連休で全国から多...

 タイの洞窟にサッカーチームの少年らが閉じ込められた事故で、洞窟内に取り残されていた最後の5人が救出された。

 この事故を巡っては、マスコミが連日、詳細な報道を行っていたが、コメンテーターとして、日本洞窟学会の会員がコメントしていたのには驚いた。医学界にも多くの学会があるが、洞窟学会があるとは知らなかった。

 日本洞窟学会のホームページによれば、学問と洞窟探検に関わる諸分野を統括する組織として運営されており、 地質、物理・化学、生物、古生物、地理、人類・考古、火山洞窟、ケイビングからなる8つの専門部会と、測量・資料、レスキュー、学会誌編...

 活発な梅雨前線の活動による記録的な大雨は7日も降り続いた。各地で土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、被害が拡大しています。ここ数年、数十年に一度の「大雨特別警報」が毎年発令されており、「狼が出たぞ!」状態。

 昨日は七夕、おりひめとひこぼしは少しでも雨が降れば二人は会えないと伝えるところもあれば、雨でも二人は出会える、雨はおりひめのうれし涙で雨の水でけがれが洗われるなどとするところもあるらしい。それにしても涙の量が「半端ない!」
 7月7日の七夕の夜、おりひめとひこぼしは待ちに待った「再会」という願いをかなえます。人々は「二人のように、願...

 歴史的1勝は、ならなかった。前日、21時に床につき、翌朝3時のキックオフにそなえた小生だったが、目を覚ましたのは、4時少し前。スマホで途中経過を確認すると、前半終わって0-0であった。これはと思い、真剣にテレビ観戦することとした。

 後半早々、柴崎が、センターサークル内からスルーパス。一気に駆け上がった原口が右足を振り抜く。狙い澄ましたシュートがゴール左隅に突き刺さった。4分後には乾が右足で豪快ミドルで追加点。この時点で、ベスト8を確信した日本人サポータも多かったと思うが、その後、ベルギーの反撃にあい、2失点を喫すると、延長突入かと...

Please reload

アーカイブ
Please reload