© 2018 きむら尾張町クリニック

​ブログ

 平昌オリンピックが2月25日、閉幕しました。数々のドラマの中でも、印象に残ったひとつは、カーリング女子日本代表。藤澤選手を初めとする同チームの可愛さには男性諸君たちは萌えまくった。

 人気の理由は、「基本は笑顔」と「ちょい美人」。プレイ中の藤澤選手は、前髪を少女のようにピンで留めた、おでこ出しヘア。丸顔の人ほど、思い切っておでこを丸見せしちゃうほうがいいのかも.....。

 とにかく明るいカー娘が話題になった。気になるのは、「そだねー」。カーリングでは選手たちの会話がマイクで拾われており、試合中の何気ない会話も聞くことができる。試合中...

 俳句界に新風を吹き込み、90歳を過ぎても現役で活躍し続けた現代俳句協会名誉会長の金子兜太(かねこ・とうた)さんが2月20日、誤嚥性肺炎による急性呼吸促迫症候群のため死去した。

  父親は開業医で俳人でもあった。経歴を調べると、東京帝国大経済学部を卒業後、日本銀行に入行。海軍士官として南洋トラック島で終戦を迎え、後に復職した。戦後は社会的な題材を詠む「社会性俳句」に取り組んだ。季語の重要性は認めつつも、季語のない無季の句も積極的に詠み、俳句をより多くの人に開かれたものにし、「お~いお茶 新俳句大賞」など軽くカジュアルな新潮流も楽しんだ...

 冬季オリンピックLH複合金メダル候補だった渡部暁斗は、ドイツ勢3人がなだれ込んだ後、静かに5位でゴールした。思い続けた頂点はおろか、表彰台にも手が届かなかった。「頂点は見えているけど、なかなか登り方が分からないというか…」。彼にとっては、金メダル以外は、順位は関係ないのかもしれない。

 クロスカントリー巧者のドイツ勢3人は事前に示し合わせ、先頭を交代で引っ張りつつ、力を合わせて追ってくる。「逃げ切れる確率は低い」。彼の予感は的中し、6キロ過ぎで追いつかれた。表彰台独占を狙うドイツ勢は、容赦なく渡部を先頭に出して集団を引っ張らせ、体力...

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦が金メダルを獲得し、66年ぶりとなる五輪連覇という快挙を成し遂げた。将棋界では羽生善治竜王が新進気鋭の藤井聡太五段に朝日杯で敗れ、「羽生が勝って、羽生が負けた」とネットで話題になっている。

 まず、将棋で藤井五段が羽生竜王を破る快挙のニュースが広まった。その後にフィギュアスケートの演技が行われ、羽生が鬼気迫る内容で金メダルを獲得。五輪連覇が伝えられた。多くのネットユーザーの間では、その後には「羽生くんが勝って、羽生さんが負けた」と表現された。

 さて、羽生(はにゅう)と羽生(はぶ)姓の違いは?...

 今日は、西暦270年にローマの司教・聖バレンタインの殉教した日。後顧の憂いを絶つため、遠征する兵士の結婚を禁じたローマ皇帝クラウディウスに反対したために処刑されたという。多くの若者たちが、深い絶望を感じた日だった。

 バレンタインデーにチョコレートを渡す習慣は、日本だけだそうだ。これは60年前から始まった商業戦略らしい。今日は午後休診。産業医契約の百貨店に立寄って見ると、思わぬ男性から、チョコレートケーキをプレゼントされた。木箱には、LE CHOCOLATIER TAKAGIと刻印されている。どうも高木康政氏オーナーシェフの東京の名...

 平昌五輪が開幕しました。昨日、スキージャンプ男子ノーマルヒル決勝にレジェンド葛西が登場。強風、極寒地獄に「こんなの中止でしょうと心の隅で文句いいながら寒さに耐えてました」 と言ったとか?日本ジャンプ陣は”追い風”に苦しめられた様だ!

 一方、韓国の文在寅大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正氏らを招いて昼食会を開いた。与正氏は「ほほ笑み外交」を繰り出し、文大統領に早期の訪朝を促した。こちらは、南北関係改善に向けて、”追い風”を受けて、”雪解け”を演出しているのだろうか?

 また、恒例の“美女応援団”も韓国に到着。女子アイ...

 ”今年最強の寒波” という表現は何度聞いただろうか?金沢は連日の雪で、通勤もままならない状態!昨日は、マイカーを諦めバス通勤。しかし、始発のバスは40分遅れ。バスの中では、高校の推薦入学に遅れはしないかとそわそわする娘に引率する父親。余りの渋滞で二人は、途中下車し徒歩で試験会場に向かうこととなった。「ご健闘を祈っております!」と声を掛けて別れた。

 天候も悪く、マイカーがない以上、さすがに在宅診療に赴くことも叶わず、延期の対応とさせて頂きました。気を使って、患者さんから延期を申し出てくれた方もおられ救われました。

 昨日は、翌朝の通勤...

 我々の世代のアイドル小泉今日子が不倫を公表した。彼女の代表曲

ヤマトナデシコ七変化の歌詞はこうだ...。

 <しとやかなふりしていても 乱れ飛ぶ恋心 内緒あなたの腕の中 ごめんだれかと比べちゃう ヤマトナデシコ七変化 からくりの早変わり 純情・愛情・過剰に異常 あっちもこっちも恋せよ乙女 どことなく浮気なとこが あなたにも魅力でしょ 恋の振り袖いなせだネ ひと筋縄じゃいかないヨ ヤマトナデシコ七変化 きれいだネ見事だネ......>

 ヤマトナデシコ七変化は、アイドル時代の曲だが、なんだか、今を暗示している様な歌詞だ。小泉今日子と不倫関...

Please reload

アーカイブ
Please reload