© 2018 きむら尾張町クリニック

​ブログ

  そろそろ、インフルエンザの流行期となりました。先日、インフルエンザワクチン接種目的に、近所の近江町市場の某鮮魚店に赴きました。帰り際、思わず旬のカニを買い求めました。最近、海が荒れ気味で値段は少々割高でしたが、思わず奮発してしまい、ワクチン代と相殺された感があります。

 癌のことを英語でCancerと言います。Cancerの意味は癌のほかに、大きなカニという意味があります。ドイツ語では癌のことをKrebsといいます。これもやはりカニという意味があります。どうして、まったく異なる 「癌とカニ」が同じ言葉で表されているのでしょうか?最...

 八角理事長、声つまらせ「日馬富士の問題によりご迷惑を…」、千秋楽の協会あいさつで異例の言及。その後も、理事長が声をつまらせる場面があった。

 今回の日馬富士の暴力事件の源は、白鵬にあるのではないかと考えられる。そもそも今回の騒動は、「あなた達の時代は終わった」との貴ノ岩の発言に端を発している。いわゆる、モンゴル3横綱が、貴ノ岩を呼び出し、お灸を据えた展開が察せられる。大親分の白鵬に無礼と若頭役の日馬富士が殴りかかったわけだが、白鵬は手を汚さず、ことに及んだものだと思われる。

 大鵬の幕内優勝32回を超え、今場所で40回目の優勝を達成し...

 本日、来年1月9日開院予定の新県立中央病院の医療機関向けの内覧会が開催されました。高度専門病院を目指しての新病院らしく、正面玄関は高級ホテルを彷彿させる外観です。

 1Fは広いエントランスホールと女性専用外来が設置されておりました。2Fは各診療科と売店、レストランが配置されております。3Fは化学療法室、リハビリ科、人間ドック等広いスペースが確保されておりました。4Fは手術室がメインで、ハイブリッド手術室が目を引きました。

 最後の見学場所は、9Fの入院病棟です。個室的4床室は、各ベットには窓が配置され個室風が体感できました。一番豪華な...

 本日、人生初めての句会なるものに参加しました。季刊誌の表紙は、メンバーの一人、高校教師でもある書道家の先生が書かれたものです。俳句歴50年の猛者と、プレパドの番組を参考に、面白、可笑しく俳句もどきを始めた小生が同席するのは、心苦しい限りです。

 五句作れとのお達しで、「炭火鉢焙り手添える往診医」、「会話無き老婆の脈に小春知る」、「水涸るる川瀬を急ぐ往診路」、「担癌の祖父野辺送り冬の業」、「往診の白衣立襟初時雨」なる医療ネタを提出しました。

 5句目が2点句、1句目と3句目が1点句でありました。初参加にしては、上出来との少々お褒めの言葉...

 4横綱誕生!本場所年間全90日の「満員御礼」も確実と目論んでいた大相撲に14日、冷水を浴びせる不祥事が発覚しました。横綱・日馬富士が、酒に酔ってビール瓶で前頭・貴ノ岩関の頭部を殴ったという暴力行為です。不祥事を教訓に引き締められたはずの規律が、人気復活とともに緩んでいたのでしょうか?

  日本相撲協会の人事をめぐり、そもそも八角理事長(元横綱・北勝海)と貴ノ花親方はライバル関係にあり、八角理事長が提案した案に対して、総合企画部長を務める貴乃花親方らが猛反発した経緯がある。暴行の内容も、ビール瓶で殴っていないとの報道もあり、なんだか、...

 近い将来、AIとロボットが飛躍的に進化することで、20年以内に日本人の半数が仕事を失う可能性があるという予測があります。これまでは、特別なスキル、クリエーティブな発想を持つ人だけが生き残れると言われてきましたが、最近では弁護士、トレーダー、医者といった専門職が、AIに置き換わると予想されています。

 「私、失敗しないので」と医療ミスを絶対に起こさないとたびたび宣言しているドクターXこと外科医・大門未知子! 前回放送では、「診断においても、私、失敗しないので!」と、AIでの診断を凌駕している。

 知識の質と量で争えば、人間は容易にAIに...

 昨日、山上たつひこ氏が当クリニックを訪問されました。山上氏を知らなくても、我々の世代では『がきデカ』の漫画を知っている人は多いと思います。主人公である日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う「逆向(さかむけ)小学校」の同級生やその周辺のキャラクター達で展開されるギャグ漫画が『がきデカ』です。

 『週刊少年チャンピオン』に、1974年から1980年まで連載されました。いわゆる「ドタバタもの」作品で、本格的ギャグ漫画の草分け的存在です。流行語となった「死刑」などのこまわり君の下品なポーズや、女性キャラ達のHなポーズのエロティシ...

 晴天の日曜日、本日人間ドックに出掛けました。 我々開業医にとって受診者として、日曜日に人間ドックをやって頂ける医療機関は貴重です。人間ドックの「ドック」とはオランダ語で船の整備をする場所という意味です。人間ドックでは通常の健康診断で見つからない異常が見つかることもあります。

 検査結果で「要精密検査」などと書いてあった場合には医療機関に相談することになります。受診の目安は「100÷年齢」とされており、小生はといえば、1.7年ということになります。 昨年の6月に内視鏡検査を受けておりますので、ほぼ妥当な間隔ということになるでしょうか?...

 本日午前、花屋さんから胡蝶蘭の鉢が届きました。薬の卸F社からの贈り物です。本日、11月1日は、当院の開院記念日です。開院当初はプレオープンと称し、午後診のみを行っておりました。

 1のぞろ目(111)、大安吉日を開院日に設定し、F社のT氏と開業に向けて何度も打ち合わせをしたことが、昨日の様に思い出されます。

 短い一年でしたが、心くじけそうになったことも何度かありました。現時点でも、開業が正解だったかどうかの結論には至っておりませんが、午前外来診療、午後訪問診療のスタンスは、今後も継続して行こうと考えております。

 2年目の新たな挑戦と...

Please reload

アーカイブ
Please reload