​ブログ

 先日の日曜日、「アルキメデスの大戦」なる映画を観てきました。第二次世界大戦前、日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六。山本はこれからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、戦艦「大和」の建造を支持。 危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。

 歴史上、大和が沈むと言う事実はわかっていることなので、冒頭にこのシーンがあることは構成上うなずける。しかし、ラストは予想していなかった...

Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2020 きむら尾張町クリニック